テーマ:岐阜

御嵩町中山道謡坂(うとうざか)辺りにあったキリシタンの里

発見されたキリシタンの遺物は、「中山道みたけ館」に展示されています(図書館の2階部分、入場無料) 始めに発見された十字架の陰刻碑 真ん中の十字架、その左下にも十字架が彫られています。 昭和56(1981)年3月、謡坂地区の七御前(ななごぜん)遺跡で、道路工事をおこなっていて偶然発見されました 元々墓地で、石塔類を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石炭の積み出し駅だった駅。名鉄電車御嵩口駅

御嵩あかでんランド(広見線新可児~御嵩間の存続、活性化の団体)の解説から、  戦前・戦中に石炭の代用燃料としてもてはやされた亜炭。最盛期の1956年、御嵩町は全国生産の4分の1を出炭し、炭鉱の町として栄えました。亜炭の積み出しが行なわれていた名残で、駅構内はかなり広い。いまなお残る貨物ホーム跡を見逃すな! 2021年5月3日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岐阜の少年たちによるホームレス殺害事件から1年経った現場

ホームレス襲撃の元少年2人に懲役5年と懲役4年 岐阜地裁判決「執拗で卑劣」(岐阜新聞 3月25日)  昨年3月、岐阜市の河渡橋の下で路上生活をしていた渡邉哲哉さん=当時(81)=を襲撃して死亡させたとして、当時19歳の元少年2人が傷害致死の罪に問われた裁判員裁判の判決公判で、岐阜地裁(出口博章裁判長)は25日、当時会社員の元少年(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岐阜の修道院と小牧のワイナリー

久々に、散策記録 多治見修道院(神言修道会、カトリック) 3回目になりますか、行くのは。前回は礼拝堂でミサ(英語)に途中から出てた。 多治見修道院が有名なのは、 ブドウ畑。多治見市街地の東、敷地がゆったりあって、ログハウスなんかもあります(研修施設)。 以前は、ここで育てたブドウを葡萄酒に、修道院の醸造…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

揖斐川にかかかる3つの歴史的鉄道橋梁

写真右が現役の東海道本線。当然、電化複線。 左は官営鉄道として、明治19(1886)年に竣工。翌明治20年4月25日に大垣~武豊間が全通(これで、太平洋側武豊と日本海側金ヶ崎(敦賀)が鉄路で結ばれた) 木曽三川と言いまして、濃尾平野には木曽川、長良川、揖斐川と流れています。東海道線はこの3つを橋を架けないとできない。 ちな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

次第に有名になってきた芝桜の名所。1年前のGWに訪れたもの

今年は、、、花は咲いていると思いますが、わざわざ行かないほうが。 引用の記事から状況がいくらか変わっているので。 岐阜県では今年のGWは、白川村(白川郷)、高山市、飛騨市の3首長が、「観光に来ないで」会見してるのが昨日かな、テレビで流れました。 白川郷は、早くからGW中は駐車場閉鎖、店舗休業、路線バスも運休と出していました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コロナ感染拡大による、Jリーグチームの懐具合

ここが衝撃が大きかった。 【鳥栖】2019年度収支決算公表、約20億円の赤字…コロナ禍でさらなる減収の可能性(4月26日 スポーツ報知)  実質的な黒字・赤字額を示す「当期純損益金額」は20億1486万円の赤字に。2018年度と比べ、入場料収入や物販売上は数字を伸ばしたが、広告収入が約15億減と大幅な減収となった。約5億80…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黒野駅レールパーク、何度目かな~

平成25年4月から大野町の新しいテーマパークとして公園が完成。その一角に、廃線した名古屋鉄道旧黒野駅の思い出が残る駅舎やプラットホーム、レール等が当時の雰囲気を残したまま、新しい交流拠点として来場者を出迎えます。(黒野駅レールパークHPより) 今回訪れたのが3月18日水曜、お昼頃の時間。 ホーム1面とその両側のレール…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日帰り温泉、水晶の湯、月見の湯らしい

体調も落ち着いてきたので、温泉行き。 南濃温泉水晶の湯。 売り文句は「露天風呂からの景色は東海No.1」 養老山地の中腹と言っていいのかな、にあります。 車で行きました。 私は木曽三川公園で愛知県から岐阜、三重県へ一気にわたって、国道248号線を北上。 いつの間にか岐阜県に入って、左、水晶の湯の看板がある信号のある交…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

各務原市、(非公式名称)「冬ソナストリート」を訪れました

そろそろ紅葉の季節、文化の日を挟んでの3連休。 これは、名鉄各務原線ですが、各務原市役所前~市民公園前の間、すぐ北側にJR高山本線が並行しています。 その踏切を越えての北側が「学びの森」 名鉄の駅から徒歩数分ですし、車も駐車場が何か所かあります。私もその1つに停めました。3時間まで無料。 冬ソナストリート。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

かんぽの宿岐阜羽島、お値打ちランチ付き

温泉入浴+日替わりランチ=1000円(税込) というパックがあります。平日土曜限定。ただし、10月から1200円になります。 温泉のみは500円です。 玄関。円空さんの出身地(美濃市説もあります) 羽島の市内には、円空仏を模したものがあちらこちらに見られます。 フロント脇の券売機で券を買って、浴室に行きます…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大垣ひまわり畑を訪れました

8月12日(振休)の午前、暑いのでなんとか午前中。 県道大垣~一宮線を走ったのですが、お盆のせいか安八、揖斐川を渡るところと、渋滞。 揖斐川を越えて、直江町交差点を斜め左へ。臨時の「ひまわり畑」看板が出ていました。 北側の駐車場はいっぱい、ということで、流れでJAにしみのの駐車場。 そこから、戻る形で歩いて橋を渡りました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

樽見鉄道根尾川第一橋梁

大垣から樽見へと向かう樽見鉄道。 本巣を越すと山へと近づき、根尾川の清流に沿って走ります。 木知原(こちぼら)~谷汲口(たにぐみぐち)間にあるのが、根尾川第一橋梁。 https://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/019/387/16/N000/000/000/15636962983612961236…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

みずばしょうの湿原。ひるがの高原あやめ沢湿原

ひるがの高原スキー場近くの、あやめ沢湿原でミズバショウが見ごろとなっています。入場は無料です。 周囲の林ではシロモジが咲いています。 (2011年5月8日 ひるがの湿原植物園HPより) 私が訪れたのは5月1日。2019年、令和元年ですか。 ひるがの湿原植物園は国道156号線沿い、店なんかはここ国道沿いに立地しています。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国鉄バス、からJRバス、「名金線」牧戸駅

名古屋から金沢まで、米原まわりでなく、岐阜の山を縫って走るバス路線。「名金線」 私の手元の時刻表(平成5年6月号)から、 名古屋駅バスターミナル発 8:05 (ちなみに、当時は駅の東側、松坂屋名古屋駅店があって、その北側に市バスと合わせてターミナルがありました) →岐阜駅 9:25 →郡上白鳥駅 11:40 →蛭ヶ野高…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岐阜県旧黒川村、「乙女の碑」を訪れました

美濃加茂から国道41号線を北へ、飛騨川に沿って川に沿った走りやすい道を40分、白川町。ここまでは、JR高山本線も並行して走っています。 白川から飛騨川から外れて東へ、「黒川」という標識に従って走ります。 2車線の部分と、対向車が来たら交換場所に入って退避、退避するとお互いに手をあげてあいさつ、も数回。 白川から30分ぐらいでし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西日本豪雨から再開、岐阜長良川鵜飼

「長良川にかがり火戻る 鵜飼漁再開(岐阜新聞 7月15日)」  西日本豪雨の影響で4日から中止していた岐阜市の長良川鵜飼の漁が14日夜、再開された。鵜飼観覧船の運航中止は続く中、11日ぶりに鵜舟のかがり火がともり、清流を舞台に鵜匠と鵜が一体となった伝統漁法が披露され、河川敷に集まった観客を魅了した。 …数日前に、14…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FC岐阜、黒字経営継続

勝ち負けは大事ですが、経営は地域の支持の表れでもあるのです。 もちろん、その運営でどういうチームを作り、地域のチームとなるかでもあります。 YAHOOニュースでもあげられていました。 FC岐阜3年連続黒字 グッズ収入やホーム動員増(岐阜新聞 4月23日)  2018年1月期決算は、売上高に当たる営業収入が9億5009…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

揖斐大橋。岐阜市に近鉄が伸びていた、かも

もし、養老線が岐阜まで伸びた、としても、名鉄の岐阜市内線もろとも「廃止」して現存はしていないでしょうが。 いわゆる「未成線」。先日、お昼の東海ラジオで紹介されてました。 その計画の痕跡が、揖斐大橋に見られます。 その名の通り、木曽三川の1つ揖斐川を渡る橋です。 現在は岐阜県道31号岐阜~垂井線。建設当時は国道21…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

名鉄広見線のワンマン区間、存続?

終着御嵩駅。新可児からワンマン2両編成の電車がやって来るの画。 ただし、2015年2月に撮った画です。しばらく、行っていないです。 ネット版の中日新聞岐阜版にこんなタイトルの記事。 「広見線廃線で高校生25%「通学できず」 沿線3校アンケート(12月23日)」 新可児~御嵩間のワンマン区間存続活動の活性化協議会と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぎふ鉄道博物館、vol.10に行ってきました

vol.10、とタイトルにもあるように、10回になるんですね。パンフと紹介の新聞記事一部。 県内鉄道の魅力紹介 「ぎふ鉄道博物館」(岐阜新聞 4月30日)  29日、岐阜市橋本町の岐阜シティ・タワー43で始まった。  初日は、県内のローカル鉄道(長良川、樽見、養老、明知)の社員が、ステッカーやタオルなどのグッズ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

テレビに「微妙に」映った。自閉症啓発、FC岐阜コラボ

今シーズンホーム3戦目、FC岐阜対横浜FC。私は今シーズン初参戦。 まあ、結果はこうでした(泣) 後半、横浜のディフェンスを破れない、そんな印象。 で、この日の開催イベントの中で、これがありました。 「世界自閉症啓発デー」の事前イベント。長良川競技場の屋台村の南の端っこのテント。 これに、NHKが取…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FC岐阜選手サイン入りポスター、2枚目

一部拡大です。右から、難波選手、高地選手、高木義成選手です。 日赤岐阜とのコラボ。2年目になります。 スタジアムに行けば、献血の自動車が停まっていることもありますし、献血の広報の掲示も出ます。 FC岐阜公式のHPから。 FC岐阜選手サイン入り献血ポスタープレゼントキャンペーンのお知らせ(11月16日)  F…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

J2残留を果たしたFC岐阜、シーズンを終えて

11月20日の最終戦、ホーム長良川でのファジアーノ岡山戦のパンフレット。 ここで、4対2で勝利して、残留を決めてシーズンを終えた。 シーズン後、まず飛び込んできたのは、このニュース。 FC岐阜、吉田監督が退任 後任未定(11月24日 岐阜新聞)  吉田監督は成績不振で事実上解任されたラモス瑠偉前監督の後を引き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

民間企業で保存されている、名鉄モノレール車両

夕方、たどり着いて、見て、びっくり、懐かしい。 外装の塗装こそ、現在の所有者の「湯の華アイランド」仕様になっていますが、モノレールの車体。 記憶をたどれば、お猿さんの絵柄を想像想像(*^_^*) 後ろに回り込んでみる。 モノレールぅ~、です。車輪アップ。 2本の鉄レールを走るのとは、違い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぎふ鉄道博物館、at岐阜

岐阜の鉄道新旧大集合 岐阜シティ・タワー43(岐阜新聞 11月4日)  岐阜県内を走る鉄道の魅力を紹介するイベント「ぎふ鉄道博物館vol.9」が3日、岐阜市橋本町の岐阜シティ・タワー43で始まった。ミニチュア列車の運転やローカル線のオリジナルグッズを目当てに来場した家族連れや鉄道ファンでにぎわった。 …というわけで、最終日6…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「氷菓」、聖地巡礼、飛騨高山

青春18きっぷを手にして、岐阜駅発6時52分の普通列車に揺られること3時間、10時11分高山着。 ついでに書くと、特急「ひだ」なら、名古屋から2時間少々。高速バスだと名古屋から2時間40分。 改札口。なお、10月1日から橋上駅舎が運用開始となりますので、この姿も今月限り。 氷菓ファンは気がついたのでは。JRとの高山観光…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2016、夏の樽見鉄道

私は、根尾川に沿って、源流近い揚水式発電の上大須ダムに行ったわけですが、その根尾川に並行して樽見鉄道が走ります。 数か所で撮ってきました。 「開運駅」とな? 従来、水鳥(みどり)駅で知っていたのですが、北5分にある、開運橋にちなんだよう。 私的には、もう一つ、「根尾谷断層観察館」(入場料500円)駅。 三角屋根の断…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FC岐阜、ラモス監督から吉田監督に代わって

7日のカマタマーレ讃岐戦は長良川へ見に行きました。 1対1のドロー。ですが、中日新聞の記事(8月7日)より、  試合後、サポーターの拍手が鳴りやまないスタジアムは、まるで勝ったかのような雰囲気に包まれた。待ち望んだゴールは同点弾。それでもやっと手にした勝ち点は、吉田恵監督が掲げた「我慢強い守備」が整いつつあることを示…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長良川鉄道に残る、明治時代の転車台

長良川鉄道の終着駅「北濃」 岐阜県郡上市白鳥町。 来る列車は、1日6~9本と、話題の観光列車「ながら」 長良川上流の、谷幅も狭まった小さな集落にある静かな駅です。当然、無人駅。 この駅に表題の「転車台」があります。 SLを載せて、反転させた、もともとはそういう装置。 北濃駅から、枕木を置いて、もう列車が入れなく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more