期付き常勤講師が「病気休暇」を取るにいたった

これ、先週2月26日の診察でもらった。文書料2000円+税

IMG_20210302_131608[1].jpg

IMG_20210302_131451[1].jpg

病名:うつ病 診療内容:上記疾患により、令和3年3月1日から同年3月31日までの求職が必要である。以上

2週前に診察を受けたので、本来は診察の週ではなかった。前回に血液を取ったので、はじめその説明があって聞いてた。
今日は、具合が悪いから来たんです。」
昨25日にはもう起きられず、昨日今日と休むことは電話連絡したこと、あとは、医師から睡眠を取れているか、食欲などの症状を何点か尋ねられた
前のブログに書いたように、「病気休暇」を取ることができるので、それに合わせて診断書を作ってもらいました。
医師:「うつ病でいいですか?

その日の午後に、病気休暇のお願いと授業の進捗を書いてA4で1枚にして、コンビニから写真の診断書と合わせて勤務校へFAXを流しました。

2週前、2月13日の診察ではうつ落ちの自覚は無かった。普通に診察を受けて、普段の処方を出してもらった
その翌週から、不調が出始めた。自覚できるのは気力の低下、ため息、だんだん通勤や授業をしていくことも重くなってくる
子どもんたちの顏を見て前にすれば、それなりに気力出てやっちゃうんだけど、合い間が普段以上のぐったり。
その週末ぐらいには、「いつまで行けるかこころの中でカウントダウン開始

その次の週、23日祝日、いいタイミングで天皇誕生日ができている。
でも、翌日1日行くと元に戻る。
24日がなんか寝がかなり悪くて。寝たような感じが持てない、つまり気落ちした状態で時計のアラームが鳴る

起きずにアラーム、止めちゃいました

で、時間を見て学校へ電話連絡。欠勤。2日ぐらいは有給を取れる。そのぐらいの計算はする。

IMG_20210302_131530[1].jpg

常勤なので、この動きで動いていたんだなぁ~。休んでいて私から遠い話になって来ました

昨日、月曜日の朝、学校長から電話
体調と、学校での何かが原因になったかは尋ねられました

起きられなくて休んだ25日に、どうして潰れたかな?とは考えていました
多分、週21時間という時間数が、自分の出来る能力を超える量だったからかなとは思います
仕事が出来ない人ではありますけれど、精神の症状に来る部分では、「量の問題」が大きい気はしてます。

精神障害者手帳保有了承で雇われていたわけですし、精神でコケることも向こうとしてもあるだろうとは思いますか
先週については、職員室でも病んでる疲れた感をぷんぷんさせていたので、ついに来たか、みたいに周囲は理解する、かな?

調子こいて出て動きたがるADHD感満載なんで、意識して休養しましょう

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント