勤務初日、教室へ行ったらいたのは生徒と、、、。 ASDの特性

蜂(ミツバチかな)が1匹
さすがにカメラやスマホを持って教室に行かないので、蜂の写真は無しということで。

DSCN4338[1].JPG

まあ、蜂って意外と巣から遠くまで飛んだりしますから、これまでにも蜂が来たケースはあります。

が、ここが1点違うのは、、、生徒が静か。
蜂などいないかのように席に座っている

普通はわあ~きゃ~の場面

幸い、蜂も天井近くでうろうろしてたし、
下りて来るとやっかい。刺すから、当然に。

刺激すると向かってくるやろうし、出て行って欲しいんやけど。

「そっとしてれば、刺してこないから。」
などと、微妙なことを言いながら授業

数分後、蜂が窓辺のカーテンに止まった。
これ、カーテンをいじって蜂を追い出すチャンスだよぉ~

そこへ行って、窓を開けて、カーテンのしわをつくって、窓へ誘導。まあ、そうすぐに動いてくれん蜂やけど。そのとき、

先生、授業しないんですか。

耳を疑うある男子生徒の一声。
はぁ~、っとは思ったけれど、蜂と格闘中なんで。

翌週出勤時、事務室で管理職に、「いかがでしたか。」
と尋ねられたので、この件をお伝えしました。

帰りにその管理職から、「○組の短髪の子ですかね。」
「あの子は発達障害があって、そういう発言をしたりするんです。…」
私:「まあ、周りは静かでしたし、そのまま授業もできましたので。」とは返事しました。

場を読まない」、発達障害のASD(自閉症スペクトラム)の特性でよく書かれてますね。
自分もそうなんで。
ただ、急にぶつけられるとははぁ~って思いましたね。次回はそうだな~で。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント