タワマンって、災害に弱いの知らずに住んでたのかな

タワーマンション 浸水で停電や断水 高層階も階段で 川崎(10月14日 NHK)

 タワーマンションが建ち並ぶ川崎市中原区の武蔵小杉駅近くでは、台風による浸水で、47階建てマンションの地下の配電盤が壊れ、多くの部屋で停電や断水が起きているということです。住民たちは階段で高層階まで上り下りしたり、親戚の家などに身を寄せたりしているということです。

…台風19号の被害の1つ。
何かって言うと「停電」です。
今回は配電盤が地下に設置してあったようで、浸水。
武蔵小杉辺りは、多摩川からあふれてこなかったものの、下水が逆流してきたように聞きましたが。

高層でなくてもマンションだから、2階以上は水に浸かることは無かったはず。
しかし、停電。

 住民によりますと、管理会社から復旧には少なくとも1週間はかかると説明を受けているということです。(NHK)

…1週間停電が続く様子。

停電したとき。新しい設備、オール電化だと、調理不能、風呂もアウト。やかんで湯も沸かせない。
どうやら、トイレも使えないらしい。
電気が無いとそもそも、水を上まで上げられない。つまり、各部屋に水を配水不能。

というわけで、水道もアウト。
周りの普通の家や商店だと、水道も電気も生きている。
周辺は、浸水で泥まみれでも町としては稼働している

なので、お弁当なんかを買ったり、お手洗いも外で済ませたり、しようとするかな。

そのため、外へ出るのに、エレベーターはただの箱なので階段を自分の足で昇り降り。
47階建て。何階までならその昇り降りできますか、あなたは?
水だって、持って上がらないといけない。

 住民のなかには親戚の家やホテルに身を寄せる人も出てきているいうことです。(NHK)

…1週間もこんな生活は出来ないということですね。
ましてや、子どもや高齢者のいる世帯なら、よりそういうことになるんじゃないかな

東京へも至便な、オシャレなタワーマンション暮らし。ということで、高額な値段で買って、ローンもあったりすると思いますが。

地下に置いていて水にやられた例。

福島第一原発、非常用電源を地下に置いて、津波で水没した。電源喪失
この後、非常用電源は高めの場所に置くようになりましたね、遅いけど。
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント