福岡県、篠栗四国八十八か所日帰りでの歩き遍路

知多四国を巡り中のわたし、福岡のここへも足を延ばしました。

「篠栗四国八十八ヵ所」
名古屋の名鉄百貨店での、知多四国、小豆島、篠栗の3か所の「お砂ふみ」がございまして、それで知りました。
その時に、お砂ふみはやっていません。


「篠栗四国八十八カ所の魅力を発信するホームページです
The pilgrimage course of Sasaguri Shikoku 88 sacred places」より、紹介の部分。

 福岡県糟屋郡篠栗町に広がる景勝地に八十八カ所の札所があり、全国から多くの参拝者が集まります。 南蔵院 (Nanzoin)を総本寺とする 篠栗霊場とも言われます。
唐から帰国した弘法大師(空海)が修行した霊験あらたかな土地で、1835年 この地を訪れた尼僧慈忍が八十八カ所の創設を発願したのが始まりと言われています。


…今回の情報源はここです。ここから、地図と歩きの行程表を出しました。

篠栗190707-1.jpg

JR福北ゆたか線篠栗駅。博多から15~20分ぐらい。電車も篠栗までは20分に1本ぐらいあります。
駅前に観光案内所があります。多分、聞けば札所のことも聞けるのではないでしょうか。
駅前にローソン。お弁当を買いました。
回ってから思いました。へんろ道の途中で食べ物を買うお店や食べるお店は無かった。駅前ローソンで買っといてよかったです。自販機ぐらいはありました。

案内の順路にしたがって歩きます。始めは駅から北西に10分ぐらいの33番札所本明院。

https://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/019/387/16/N000/000/000/156258988060356498217-thumbnail2.jpg?1562589886634

四国のイメージがあるので、小さなお寺です。そもそも、行く道が細い。

本来の1番札所は、もう2つ先の駅の南蔵院。
まあ、歩く行程表にしたがっていますので。
お寺さん。お寺の人、というか参詣者もいない、1名写真撮ってる人は現れましたが。
以下そうですが、お堂は人はいない。お寺さんも人がいようがいなかろうが、ご朱印については巡礼者が自分でいただく仕組みです。1か寺100円。
参拝の形はそれぞれだと思いますが、出来ないのが「御手水」 ありません、基本的に。
参拝とは別に、お手洗い、あるところは限られています。先のHPの地図にはトイレのある場所も書いてあります。

やっぱり、地域性もあるのかな、とか。

各札所、木魚はあるんです。1か寺2周目だというかたとご一緒になって、その木魚をたたきながら般若心経を唱えておられました。

せっかくなので、もう1枚。

https://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/019/387/16/N000/000/000/156259042545045849467-thumbnail2.jpg?156259043119

32番。ここは「お堂」です。

この記事へのコメント