四国行き3回、ぜんぶ往復バスやなぁ~

安いから(爆) 非正規の貧乏人だもの。

平成30年の末12月。高知行き。往復でチケットを取りました。

画像


とさでん交通。名鉄バスセンター21:50発→京都経由→高知駅6:59(→桟橋高知営業所7:14)
名鉄バスセンターの窓口で予約しましたが、運行はとさでん交通。

とさでん交通。でも、

画像


昔の名前で出ています的な。高知で、電車、バスともになかなか昔のものを使って、苦労している感が見かけられました。
料金ですが、正規運賃で往復16,800円
並行する航空路線があります。小牧~高知龍馬空港をFDA便。確か片道2万円台。復路に20時台の便があったんで心揺さぶられた(1時間で着く)のですが、お値段。
今は、誕生月割引も出来たので、あてはまれれば、です。

そして、今年平成31年4月。松山行き
コトバスエクスプレス
。ネット検索で出てきた。最安値。

画像


集合場所、名古屋駅太閤通口(新幹線口)噴水前。

画像


いわゆる、旧のツアーバスクラス。それと同じ集合。
検索では「直行」だったんですが、実際は、鳴門のコトバスターミナルで、松山および高知行きはシャトルバスに乗り換え。もともとそういうシステムなんですって
だから、東京発便とも鳴門で待ち合わせた。
わかっていれば、どうってことないですけれどね。鳴門から松山まで実際けっこう寝てました。

松山の復路はJRバスを取ってました。早得でまあ安かった。
正規運賃は日にちで違う。最安の時期で7,000円。そこに早割。

画像


車両、JR東海バス。乗務員、徳島までJR四国バス、徳島からJR東海バス。
多分、こうやって区切ると、1名体制で運行できる。コトバスもそれも含めて鳴門にターミナル1名運行かな。

この5月、令和元年。徳島行き
行きはコトバスエクスプレス。名古屋発のバスは徳島、高松、琴平行きなんで、鳴門待機は座って待っとればよい。
名鉄バスがあるんですが、運賃のほか、徳島着が朝3:50。早すぎるやろ。松山行きなんでね。

復路、昼間に帰りました
徳島は関西便がそれこそ10分間隔で出るというぐらいに多い。
なので、神戸行徳島バス。当日にバスセンターの券売機で取ったので正規運賃。阪神三宮駅まで3,300円。山陽新幹線新神戸まで行くバス。
JRバスと競合なんで、時刻表や券売窓口がJRバスと隣に分けてあるので、そこは見にくかったかな。

画像


三宮まで1時間50分。昼バスならではの画。

画像


明石海峡。
これまでのバスすべて、ココ経由なんですが、当然に夜中。見えません。

阪神三宮になっていますが、三ノ宮駅は阪神、阪急、JR同じ場所、私はこっちに乗り換え。

画像


米原まで2時間、速いもんです

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック