JR和歌山線粉河(こかわ)駅

和歌山駅から2両編成青色ワンマン電車で30分ぐらいでしたか

画像


和歌山線、桜井線はピンクの色分けですね。
西国33カ所の第3番粉河寺の最寄駅。駅からまっすぐ北へ歩いて15分ぐらいです。

駅で、歴史を感じさせてくれるものがありました。

画像


跨線橋。和歌山方面の列車に乗るには、改札からは跨線橋を渡ります。
年季が入った橋。ぼろぼろともいいますが。

西側(和歌山側)から振り返り。

画像


中。階段。壁は木製のままです。

画像


ポイントは橋を支える柱。
線路の転用っぽい。現代と違って、新規に鉄材を購入するの高かったです。
線路の刻印があったりするんですが、それは見つけられなかったです。

画像


JR和歌山線。開業時は「紀和鉄道」

 1898(明治31)年、紀和鉄道が和歌山初の鉄道として和歌山駅(現JR紀和駅)〜船戸駅間で開通した。(中略)「紀和鉄道は和歌山初の鉄道ながら史料は少ない。」…(ニュース和歌山 2018年6月16日より)

粉河駅の開業は、2年後の1890年の橋本駅までの延伸のときだそうです。
跨線橋は年代物だとは見ましたが、どの時点で造られたのでしょうかね?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック