名鉄河和線椋岡駅跡地通りすがり

2018年4月21日、昼間で仕事のあとに、知多四国88か所巡りに足をのばしました。

17番観音寺から、県道55号(河和線に沿った道路)を北へ。
すると、右手に「椋岡八幡宮

椋岡、椋岡、…確か、そんな駅があったような。道路を渡って、さらに50mで名鉄線踏み切りに出ました。

ちょうど来た、新鵜沼行急行4両編成

画像


ここに、駅があったのね
あったころの写真をさがすと、ホームと、そのまま画像の右手に出入りできる通路、そして駐車場
それがまとめて、空き地。青柵で囲んであるので、名鉄の所有地ではあるんでしょう。
近隣に住宅もあるせいか、草刈はしてありますね。時々刈るんでしょう。

反対に渡って、電車を待ちました。

画像


パノラマスーパー(旧塗装)の特急。
下り側の跡地、というか草地。

画像


踏切から、太田川方面(阿久比駅側)を見ます

画像


肉眼なら阿久比駅が見えます。600メートルぐらいでしたっけ。
2本目の架線柱には、「阿久比」の運転手向けの駅名表示があります。

ウィキからは、阿久比駅が1983年(昭和58年)に開業。
が、椋岡駅を地元の意向で廃止できなかった。ので併存。
2006年(平成18年)、ここで無人駅の管理システムを入れます。で、椋岡駅は廃止。という歴史です。

なお、この間の期間で、「椋岡は普通電車が通過」という現象はマニアには知られるところかな。

ついでに、1つ知多半田よりの植大駅。この日はここで降りて散策しました。

画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック