「入鋏」、って、まず読みからですかねぇ

入鋏=にゅうきょう

もう去年、平成29年12月25日。
この日は、JR東海道線で、朝7時すぎに共和駅で「触車」があって、名古屋近郊の東海道線がストップ。

振り替えの名鉄で行ったのですが、乗客集中で名鉄遅延発生。なので、名古屋駅でもらったのがこれ。

画像


ちなみに、JR東海でももらいました。上は13日の架線事故のときの。

画像


もはや何分遅れも入れてないですが、基本、今の遅延証明書って、感熱紙の印刷の気がします。

名鉄のは、「レアもの」 入鋏券
下端に20と5に入鋏して、→25日
右端に延着時間を入鋏、→15分 30分以上は左端


切符自体が、ICカードの普及で使われなくなってきてますし、そもそも切符や定期券が磁気券になったところで、入鋏しなくなった。
自動改札やもんね。

12月、JR東海の「クリスマスエクスプレス」 牧瀬里穂さんの時代(1989年)は、新幹線改札を見ると、自動改札でなく人がいて、鋏で…はわかりませんが、出口なので。

子どものころの記憶では、改札の駅員さんは鋏を持って、人が通らない時は、手をほぐす感じで、鋏をカチカチやってた
そんなこと知ってるのは、年齢がばれる。

私が、「入鋏」した切符

画像


硬券(年齢がばれる)に入鋏。鋏では入らないのでか、据え置きの道具使って入鋏。
でもイベント用なんで、平成28年11月6日の日付印付き

その他、手元にあった、JR東海の延着証明。

画像


岡崎駅。いつだったか覚えてないですけれど、印刷にスタンプで時間を押してある

で、ともに名古屋駅。

画像


同じ体裁ですが、上は「平成28年」の表記。2年前。下は、「2017年」西暦表記になってます。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック