大人の話題。同じ相手にアクセスしちゃた話

某SNS、ここでも援助交際のやり取りが行われていて、サイバーパトロールをして調査をして、補導、検挙、場合によってはマスコミ公表されていたりもします。
売春」ですから。やっぱり。初めにことわっておきます。

マミ(仮名、そういうハンドルネーム)が、募集。3月下旬。

声をかけてみる。返事。

「おじさんは何才ですか?名○大丈夫です!」

プロフや固定ツイートで、「条件」が書いてあるケースが多いですが、このマミは「プチ希望」という程度。
そしたら、送られてきました、画像。

画像


○駅いまからいけますがおじさんは何分後につけますか?どこかわかりやすいとこで待ち合わせたいですね(⌒▽⌒)」

少しやり取りはしたものの、けっきょく、こうしました。「ありがとうね(^^)
今日用事が入っちゃったので、またの時によろしくお願いします。」

…その後、「ブロック」されていました。

ホカゲー(仮名) 4月上旬
毎日のように、夜、○駅での募集をかけている。プチの募集。

「いま○○○駅です?」

「今新幹線口」

向こうのほうが、気が付いたみたい。

べつのアカウントでもメッセージおくってたけど、

で、画像が送られてきた。マミと同じ画像。マミやったのね。

あはは、条件をごねたら、「帰るね。」

速攻、「ブロック」されてました。

どんな奴か、顔ぐらい見たかったなぁ(笑)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック