火星の接近を見ての回想(*^_^*)

2016年5月31日  火星が地球と最接近(アストロアーツ)

 5月31日、火星が地球と最接近する。火星はマイナス2等級まで明るくなっており、西の空の木星に負けない輝きだ。火星の近くに見えているさそり座のアンタレスと、明るさや赤っぽい色を見比べてみよう。

 火星と地球は約2年2か月ごとに接近するが、火星の軌道が楕円であるため最接近時の距離は約6000万kmから約1億kmまで大きく変化する。今回の接近距離は約7500万kmで、ちょうど中間的な接近距離だ。

…先日図書館に行ったときに、久しぶりに「天文ガイド5月号」を借りてきました。
ぱらぱら見ていると、ああ、火星が接近するんだ。

そのあとに私が、FBに挙げた文書。

30日の夜は、雲がかかる向こうに赤い火星が、いた。

それはともかく、火星、赤いな(*^_^*)
雲がまだかかるので、近くに見えるはずのアンチ・ターレス(アンタレス)が見えん(>_<)
最近、星空をあんまり見ていなかった。
10代のころは、毎夜、星に語りかけてたのにね(気味が悪い、かしらん 笑)大阪の市街地で深夜、徘徊する少年であった(笑)


…火星の接近は2年2か月ごとにおきます。厳密には「会合周期」といって、火星では779.94日
画的に言うと、火星が地球のちょうど太陽と反対側に来た。内側にある地球のほうが速く回る(公転)ので、火星を追い抜いて、回っていく。そして、回るのが遅い火星に1周ぬかしで追いつくのに2年2か月かかるんだということですね。

高校時代は、私は理科の部活動で天文をしていました。3年間のうちに火星の接近に1回は当たっているかな。

市街地に住んでいて、あまり星が見えないところなのに、晴れていれば毎晩近所の道路の暗めのところをうろついてました。
小学校4年生ぐらいからそうでしたよ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック