解体が決まった名古屋港イタリア村の様子(#^.^#)

名古屋港へ行ったついでに立ち寄ってみました。16日の火曜日でした。
画像

いわゆる「4号倉庫」 もともとは倉庫だった建物(昭和37年建築)。イタリア村に整備するときに、改修してこういう姿になったそうです
手前は広場になっていますが、立ち入り禁止です。

ズームを使って撮ると、こんな感じ。
画像


北端の駐車場の入口。
画像

2の下に「DUE」(イタリア語で2)と書かれています。

南側の20号倉庫は、すでに解体。
画像


この解体に関する記事。

年度内に解体が決定 名古屋港のイタリア村跡地4号倉庫(6月3日 中日新聞)

 名古屋港ガーデンふ頭(港区)で2,008年まで営業した「名古屋港イタリア村」をしのばせる「4号倉庫」が、2015年度内に取り壊されることが決まった。名古屋港管理組合は、九日に開会する組合議会六月定例会に、撤去関連の費用三億九千五百七十万円を盛った予算案を提出する。

 イタリア村として再開発される際、外観が水の都ベネチアの街並み風に塗装され、店舗が入居した。

 村の閉鎖後も残され、目の前は誰でも遊べる芝生広場に。アニメのキャラクターになりきるコスプレ好きの若者の間で「欧州っぽくてすてき」と人気の撮影スポットになった。ただ、先に撤去が決まった隣の「20号倉庫」の工事が始まった昨年十二月以降、一帯は立ち入りが禁止された。

…コスプレイベントも開かれたらしき場所でした。「ヘタリア」なーんて声も聞きましたが、どうだったんでしょうね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック