自衛隊のフィリピンでの活動で日本で報道されるものと、されないもの。

この件で、自衛隊がフィリピンに派遣されて活動していたのは、ニュースになりましたね。

自衛隊、フィリピンに1180人派遣へ 過去最大規模に(13年11月15日 朝日新聞)

 日本政府は15日、フィリピンでの救援活動のため、自衛隊の統合任務部隊を組織し、国際緊急援助活動では最大規模となる約1180人を派遣することを決めた。艦艇3隻と航空機16機も派遣する。隊員らは医療や輸送、防疫活動に従事する。18日にも日本を出発し、早ければ22日にはフィリピン近海に到着する。

 マニラにいる医療部隊約20人は、15日にはセブ島に入る予定。当面はセブ島での医療活動にあたる。

…で、こっちは知ってましたか
次の記事のソースは、…「中国」ですね。中国にとってこれは問題。

日本自衛隊が米比の合同演習に初参加 外国メディアが注目(14年10月8日 チャイナネット)

 日本自衛隊は10月2日にオブザーバーとして、米軍とフィリピン軍が南沙諸島にほど近いフィリピン西部パラワン島沖で実施した合同演習に参加した。日本自衛隊がフィリピン軍の実戦訓練に参加するのは、これが初めてだ。南中国海で東南アジア諸国と領有権を争う中国を見据え、日本はアジア太平洋諸国との協力を強化する。

 日本自衛隊は近年、日米同盟を軸としながら、オーストラリアや東南アジア諸国などのアジア太平洋の友好国と、防衛協力を強化している。

…いやぁ~、これに気がついたのは「ニューズウィーク誌」(3月24日号)のちいさな記事だったのです。
日本が南シナ海に『進出』する理由

 日本政府は今年(2015年)に入ってフィリピンと防衛協力・交流の覚書を締結、沿岸警備の巡視艇を供与するほか、海上自衛隊とフィリピン軍の合同演習を数か月以内におこなう予定だ。ベトナムに対しても巡視艇を供与するほか、自衛隊の医官が潜水艦乗組員に潜水病の回避法を指導することなどが計画されている
 南シナ海でも防衛協力を拡大させるのは、…アメリカの思惑を受けてのことだ。「南シナ海の同盟国、盟友国は同海域を安定させる役割をますます日本に期待することになるだろう。」とアメリカ海軍のロバート・トーマス第7艦隊司令長官は語っている。

…内容より、日本のマスコミが一言もこの件を語っていないのが「不快」です( 一一)

何が悲しくて、「日本」のことを「中国」や「アメリカ」のメディアから知ることになるのか、ってことです。


希望?Songs for Tomorrow (初回限定盤 CD+DVD) [ 海上自衛隊東京音楽隊;三宅由佳莉 ]
楽天ブックス
海上自衛隊東京音楽隊;三宅由佳莉発売日:2015年03月04日 予約締切日:2015年02月28日


楽天市場 by 希望?Songs for Tomorrow (初回限定盤 CD+DVD) [ 海上自衛隊東京音楽隊;三宅由佳莉 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック