男根がご神体、で知られる神社。小牧市田県神社(#^.^#)

毎年3月15日におこなわれる「豊年祭」は多くの人が訪れてにぎわいます。
私も今年は行くつもりだったのですが…

なので、18日水曜日に改めてお参りしてきました。
画像

本殿です。この中にご神体が鎮座しています。ご神体。

画像


長さ2.5m。ヒノキ材で作っています。毎年、豊年祭に合わせて作ります。亀頭部分のアップ:
画像


田県神社の概要。小牧市観光協会より。

 五穀豊穣・万物の育成の神である御歳神(みとしのかみ)と子宝・安産の神である玉姫命(たまひめのみこと)が祀られています。豊年祭(ほうねんまつり)は毎年新しく奉製される大男茎形(おおわせがた)を厄男達が御輿に担ぎ奉納する祭で内外に有名です。
 名鉄小牧線「田県神社前」下車、徒歩5分

豊年祭は戦後、アメリカ軍が名古屋、小牧空港に進駐したころ、外国人の興味を引き、一気に知名度が上がったと聞きます。
今年も、天気も良かったのでにぎわったようです。

境内には絵馬も多く掛けられていました。
画像

安産や子授けを願ったものが多いです。合格祈願が浮いている(笑)

なお、南隣にスーパー「ナフコ」があります。
画像

こちらの中で、お土産物、例えば男根などをかたどったアメなどが売られています(#^.^#)

この記事へのコメント

2015年03月21日 00:31
男根のアメですか・・・。
デスモ
2015年03月21日 21:49
>くびき野さん コメントありがとうございます。
何パターンかのアメがありますよ。男性のも女性のもっていう風です(*^。^*)
それらは、神社の直販ではないですよ。

この記事へのトラックバック