航空自衛隊小牧基地で航空祭(#^.^#)

行きたい気持ちはあったんですけれどね。去年11月の航空自衛隊岐阜基地の航空祭で大混みでしたので。

輸送機の迫力間近に 空自小牧基地で航空祭(2月23日 中日新聞)

 小牧市の航空自衛隊小牧基地で二十二日、航空祭「オープンベース」が始まった。初日は約一万一千人が訪れ、自衛隊機の展示や編隊飛行の披露などを楽しんだ。入場無料。二十三日まで。
 小松や三沢など全国の陸・海・空の自衛隊機も合わせて計三十五機が集まった。上空での編隊飛行や給油の実演などがあり、望遠レンズ付きカメラを手にしたファンが盛んにシャッターを切っていた
 自衛隊グッズの販売や、県商工会連合会による出店も人気を集めている。
 機体を背景に家族と一緒に記念写真を撮った一宮市神山小学校五年の北村駿介君(11)は「C130輸送機が大きくて迫力があった。特に翼が格好いい」とうれしそうだった。二十三日は午前九時~午後三時。

…わあぁ~そうだんたんだよなぁ~って記事ですね。小牧は戦闘機配備はなく、記事の輸送機C130の類のある基地なので、そうかな~
中日新聞は割合、沖縄の基地問題なんかは取材をして反対意見を書くので、こんな好意的にイベント情報で記事が書いてあるのは「意外」ですね(#^.^#)
航空祭用に、普段配備されていないのも来ていますよね(#^.^#)

ただ、事前には、日本共産党の次回の参議院選挙だったかな、候補予定の「もとむら伸子」さんが、周辺地域の「反対」の声を発信しているのを見てはいましたが、この人は私を「フォロー」しないので、直接は何かは言えない。共産党らしい反対意見は聞かない閉鎖性(笑)
その辺の挙げていたのを、引っ張っておきます。

小牧基地航空祭にかかわる空中給油機などの展示飛行・訓練の中止を要請(2月21日 もとむら氏FBより)

 「豊田市上空で空中給油の訓練をしているよう。低空飛行で不安」(豊田市の方)、「旅客機の様な飛行機が手に届く位の位置で頭上を飛び、あまりの低さに墜落するのではと恐怖を覚えました。何かあってからでは遅い。震災、大雪被害が未解決で、航空ショーなんて悠長ですね。やるべき事があるのではないですか?」(みよし市の方)など――小牧基地航空祭(2月22日、23日)に向けた空中給油機KC―767はじめC―130H、U―125、UH-60Jなど軍用機が編隊を組んで訓練していることにたいして住民の皆さんから声あがっています。

小牧基地への申し入れでは、本当に給油する場合は、危険なので海の上で訓練をやると言っていました。「今回の訓練は空中給油訓練ではありません!模擬訓練です」と言い張っていました。詭弁だと皆さんが言っていました(>_<)

…まあ、きりがないので、この辺にしておきますが、「スパイ」のように事前の訓練飛行が上がっていて、万一の有事の際にもこうやって、身勝手に中国などに情報を売り渡すのではないかと心配になります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック