Baidu IME、中国「百度」製のとんでもない変換ソフトではあったのですがo(`ω´*)o

便利な変換ソフトでしたよ。私もインストールして使っていました(*´・ω-)b
こーいう顔文字なんかが、さくっと出てくれる。今は、別のシートを開いてコピペしてるので不便(´;ω;`)ウゥゥ
マイクロソフトのオフィスのIMEが、大体能力が低い(-公- ;) チッ
地名、人名なんて、なかなか一発では変換されない。マイクロソフトの「うんこ」(-公- ;) チッ

もちろん、baidu IMEは情報の抜き取り、ということをするソフトですから、それを知ってアンインストールしました。
役所での利用状況に関して、こんな報道が。

バイドゥIME使用、29府県市…PC1千台超(1月13日 読売新聞)
 中国検索最大手「百度(バイドゥ)」製の日本語入力ソフト「バイドゥIME」による文字情報の無断送信問題で、全国の都道府県と政令市のうち29府県市で1000台以上の公用パソコンに同ソフトが使われていたことが、読売新聞の調査で分かった。
 中には住民情報を扱うパソコンなどから新聞2年分にあたる情報が漏えいしていた自治体もあり、自治体の個人情報保護条例に抵触する恐れも出ている
 通信記録を保存していた自治体のうち、12府県市ではバイドゥ側へのデータ送信を確認。熊本県の場合、昨年12月1日からの25日間で280メガ・バイトに及んだ。1文字2バイトで単純計算すると1億4000万文字分で、新聞2年分の文字情報にあたる

…確かに、同級生で大手通信会社に勤めているエリートは、始めっから「中国の怪しげなソフト」として、利用をしなかったそうです、やっぱ、彼は能力高いんだよ~゚ヽ(´∀`。)ノ゚
日本の会社で、便利な変換ソフトを作って欲しいものだ。
中国はこれだけの日本語変換ソフトを作って提供できる能力があるんだぞ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック