非常勤講師と社会保険(´∀`*)

これだけを見ても、長く続けられるようなお仕事でないことがわかります。
もし、そう考えている人がみえるなら、足を洗ってください

今は公立の学校での非常勤(2校兼務、両方愛知県立)です。
社会保険は、個人で市の国民健康保険と国民年金に加入です。決して公立共済ではありません
この部分が公務員の美味しさなのに、それは味わえない゚(゚´Д`゚)゚
ちなみに、「常勤講師」になっても、協会けんぽと厚生年金です。
それでも、国保、国年よりはずっと月々の支払額も、のちのちの給付もいいです。
さらに困るのは、「雇用保険」に入れないのです。
なので、契約終了になっても、「失業給付」がもらえません゚(゚´Д`゚)゚

雇用保険の未加入を減らそうと、基準が緩和されましたが、それは契約期間が6ヶ月以上だったのが、1か月以上になったということです。
非常勤講師が引っかかるのは週に何時間働いたか。この規定は「20時間以上」です。
公立は、これを素直に捉えて、週に20時間以上のコマを持ったら加入になる。
って…ちなみに、正採用の先生は週に15時間プラマイ1時間ですよ。
単純に1日4時間授業をして週5日、ってありえない。してみえる人もいるのかもしれませんが、レアケースではないでしょうか。

なお、私学を何校かやっていますが、週5日勤務(通信制高校)だったときには「私学共済」に加入していました。
また、別の学校だと、週に12コマ以上なら、私学共済に任意で加入できる、ということでした。
共済に加入していた、あるいはできて加入した場合には「雇用保険」も当然にセットです。

社会保険だけを見ても、非常勤は公立より私学のほうがおいしいことがわかりますよね

正採用の場合は、別ですからね、念のため(´∀`*)


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック